326が19(ジューク)再結成を呼びかけ!岡平健治と岩瀬敬吾の反応は?

人気イラストレーターの326(ナカムラミツル)が公開したツイッターが世間を騒がせています。

かつて、「あの紙ヒコーキくもり空わって」などが大ヒットしたいまや伝説的音楽グループ、19(ジューク)の再結成を呼び掛けたのではないかというのです。

それがどのようなツイッターなのか、また、すでに解散して独自の音楽活動を続ける元19のメンバーである岡平健治さん岩瀬敬吾さんはどのような反応を示しているのでしょうか。

ファンとしては再結成となれば本当に嬉しい話です!期待を込めて調査してみました!

Sponsored Link

326が19(ジューク)再結成を呼びかけ!?

イラストレーターの326(ナカムラミツル)が、自身のツイッターで、かつて参加していた伝説的音楽グループ「19(ジューク)」の再結成を呼びかけました。

そのツイッターがこちらです。


5月10日に具体的に名前まであげた上でこのようにツイートした326ですが、その後さらに、次のようにツイート。

令和元年を祝うイラストとともに

「元の3人に戻って何かやるとしたら、、今年しかないんじゃないんかぁぁぁ?(メイワクだったらゴメンね)」

とメッセージを。

さらに、

「おじさん まちくたびれたよぉ 青春よ もういちど!!」

と、涙ながらに語るイラストが印象的です。

これらのツイートに対して、19の当時からのファンも反応し、326も返していますが感情が高まっている様子が伺えます。

19(ジューク)と言えば、1999年、2ndシングル「あの紙ヒコーキくもり空わって」がヒットしたことがきっかけで大ブレイク、同年の紅白歌合戦に出場するなどして一躍人気アーティストに上り詰めました。

19は、岡平健治さんと岩瀬敬吾さんのギター&ボーカル、そして326(ナカムラミツル)がジャケットデザインや作詞、ミュージックビデオ制作などを担当、当時の若者を中心に大変な人気でした。

代表曲の「あの紙ヒコーキくもり空わって」は何度聴いても本当に名曲だと感じます。

途中、326がグループから脱退、まだ人気の高かった2002年に惜しまれながら解散をしていますが、現在も3人は、アーティストとしてそれぞれの活動で活躍を続けています。

Sponsored Link

19再結成呼びかけに岡平健治と岩瀬敬吾の反応は?

画像引用元:https://s-bellkochan.com/9476.html

326の19再結成の呼びかけに対して、元メンバーの岡平健治さんと岩瀬敬吾さんはどのように反応しているのでしょうか。

ふたりはそれぞれ現在も音楽活動を続けており、フェイスブックやツイッターなどで情報やメッセージを発信しています。

326の再結成呼びかけツイッターが公開されたのは2019年5月10日ですが、いまだふたりは公にコメントを残していないようです。

岡平健治さんのフェイスブック最新更新こちらです。

一方、岩瀬敬吾さんはツイッターのアカウントを開設していますが326の呼びかけに対しては反応は示していません。

2002年の解散からすでに17年が経過しようとしていますが、やはり当時のことを思い出すと懐かしいですし、ファンとしては是非とも再結成してほしいところですね。

ふたりの仲を心配するような声もありますが、時間の経過が解決してくれることを祈ります。

326もふたりの仲が今どうなっているのか、そのことはあまり理解していないようですね。

Sponsored Link

まとめ

イラストレーターの326がかつて在籍していた音楽グループ19(ジューク)の再結成を呼びかけたツイッターが話題になっていることを受け、その内容や当時のメンバーである岡平健治さん、岩瀬敬吾さんの反応などをまとめてお伝えしました。

呼びかけから日が浅いこともあり、岡平さんと岩瀬さんはまだ公にコメントは残していません。

ファンの間では、ふたりの仲を心配する声もあり、再結成が本当に実現するかどうか、まだなんとも言えない状態ですが、ユニコーンの再結成を見て自分たちもと意気込む326のツイートがとても印象的で、ファンのわがままを言えば是非実現してほしいところですね!

少し時間はかかるかもしれませんが、長い目で3人の動向を追っていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。