ベッキー行列のできる相談所に出演!5年ぶりバラエティ復帰の反応は

2019年2月10日(日)放送の日テレ系テレビ番組『行列のできる法律相談所』に、5年ぶりゴールデンバラエティ出演となるベッキーが登場しました。

アノ事件以来、ベッキーは見たくない、出ないでほしいと嫌悪感を示す声もある一方、出演を待ち望む声もあり、出演前からネット上でも話題になっていましたが、実際にどんな声があがっていたのか、また番組を見た視聴者からどのような反応があったのか、そちらをまとめてみました。

2/10の『行列のできる法律相談所』にベッキー登場

今から約3年前、「ゲス不倫」騒動で人気が地に落ちてしまったベッキー。レギュラーはすべてなくなり、1年間の自宅謹慎、芸能活動休止とかなり厳しい代償を払いましたよね。

その事件以来なかなか表舞台から復帰することが出来ず、現在もテレビ番組はBSスカパーでの音楽番組1本のみ。

そんなベッキーが久しぶりにゴールデン時間帯のバラエティに出演するということで注目されました。

番組では、「ベッキーが好きだった司会者Hからひどい仕打ちに涙!」というテーマで過去にあったベッキーの辛い経験談を行列メンバーに告白するという内容です。

「司会者H」、「ひどい仕打ち」というキーワードから連想され、かつ行列ができる法律相談所に関わるとなれば、、

ひとりしかいませんよね。

同番組で定期的に司会も務める東野幸治さんですね。

ベッキー出演に賛否両論!

ベッキーがテレビなどのメディアに出演すると毎回騒ぎになりますが、今回のようなゴールデンの人気番組は騒動以来初めてなので、反応もひときわ大きくなっています。

放送前の声をまとめてみました。

まずはベッキー出演反対派です。


う~ん、、、かなり厳しい意見ですね・・

その一方で復帰を待ち望むベッキーのファンも少なからず存在しています。その声がこちら。

出演を待っているファンも多いんですね。

2019年1月30日と2月6日にはヒルナンデスに出演しましたが、その際は厳しい意見ばかりだったようです。


おそらく、不倫騒動を毛嫌いする主婦層の反感を買ったのでしょうね。

今回はゴールデンということで視聴者の反応も変わるのではないかと思います。

どんな結果になったのか、番組の視聴者の意見が続々と上がっています。


このような応援する声もあれば、一方ではやはり厳しい声も。。


予想はされていましたが、テレビ出演の機会があればしばらくはこんな反応が続きそうですね。

番組内では、過去騒動を起こした自分のことを「初代ベッキー」と話していたベッキーですが、優等生キャラから一転して新しい需要を開拓していけるか、勝負の年かもしれませんね。

Sponsored Link

まとめ

今回は、2月10日放送の『行列のできる法律相談所』に、5年ぶりバラエティ出演のベッキーについて取り上げました。

風邪当たりがまだまだ強いですが、その一方で、騒動から3年以上経過し、テレビ出演を喜び、そろそろ復帰してほしいと思う人も少なからずいるようですね。

一度ついてしまった悪いイメージはなかなか払拭することは出来ないと思いますが前向きに頑張ってほしいとも思います(反感を買ってしまっていたらごめんなさい・・)

最後までお読みいただきありがとうございました!