上地雄輔の第2子の名前や顔写真・性別は?嫁似でレイと命名は本当か!令和ベビー

タレントの上地雄輔さん第2子が誕生しました!生まれたのはなんと2019年5月1日と、「令和元年スタート」のその日です。

記念すべき日に誕生した上地雄輔さんの第2子の名前や顔写真、性別などを調べてみました。奥さんに似ているとの噂もありますが果たして!

そして、令和にちなんで「レイ」と名付けられたのかどうかなど、最新の情報をまとめてお伝えしたいと思います。

Sponsored Link

上地雄輔に第2子誕生 奇跡の「レイ」並び!

2019年5月1日、タレントの上地雄輔さん(40)に第2子が誕生しました!

上地さんは、公式ツイッターでこのように報告しています。

さらに、自身のブログ「神児遊助」ではこのように第2子誕生を報告しています。

「令和と共に一応ご報告」2019/5/1 15:46
まず、毎年恒例の5月生まれの方、そして5月に生まれる君、お誕生日&ご誕生おめでとうございます‼️
あなたにとって最高な年。そして歳、そして令和時代になりますように
さて、今日だけは私事ですが、1つだけご報告がごぜぇやす^_^
それは俺、令和で初めて出会い、初めて握り、初めて抱っこしたのが、まさかの天使でした笑
平成30年が過ぎ、芸能界で20年を超え、ソロ遊助も3月で10年周年を超え、でこの前の18日にちょうど40歳になり『さぁ、数字に0が揃った‼️こっからがクライマックスだー』なんつって。
街もテレビも『令和』てゆー探り探りの盛り上がりの中でカチっ🕰て0になったその日にオギャー!って、ウソみたいに☀️出てきました笑
しかもまた令和初の出会いが、これまた俺にそっくりなサプライズとして舞い降りて来て雨予報も吹っ飛ばして元気にやって来ました
&更にピッタリがありまして。
2NppFfggz4.jpg
3000gからの
jieuGMqbHP.jpg
50.0センチ。
からの胎盤までも500グラム。
こんなにもいろんな0が揃うものか⁉️
周りの人に『やっぱり持ってるねぇ』なんてLINEが来てますが、こいつは丸裸でまだ未来しか持ってません
自分も好き放題やって来てしまったので、大した事など教えられませんがその未来の令和が少しでも最幸の時代になれるよう、お互い教わりながら
ヘトヘトんなるまで遊んで
シワシワんなるまで笑って
ラブラブだってバカにされるぐらいクソ愛します。
さっそく、素敵な出会いを初っ端から神様ありがとうございます
小さい小さい遊助crewがまた1人増えました
さぁ、いよいよこっからが面白ぇんだ
このバトンを大事に握って全力で第4コーナー曲がって突っ走ります‼️
ハィしゅっぱーーーつ、進行ぉぉーーーー!!

このブログでも書いてあるのですが、令和初日に誕生だけでもすごいことなのに、その赤ちゃんの身体情報がすごいことになっています。。

体重→3000g

身長→50cm

胎盤→500g

と、こんなにきっちり「0(レイ)」が揃うなんて、さすが「神児」上地雄輔さんですね。まさに奇跡です。

奇跡の第2子誕生に、ファンの皆さんは次のようにコメントしています。

ファンの皆さんのコメントにまで、上地さんの人柄が現れていますね!皆さん優しいコメントばかりです。

Sponsored Link

上地雄輔 第2子の名前や性別は?

さて、そんな上地雄輔さんの第2子誕生ということで、名前や性別はどうなのでしょうか。

いろいろと調べてみましたが、2019年5月14日現在では、上地さんからの発表はなく、名前も性別もまだわからない状態です。

5月1日生まれということで、出生届の期限が近づいていますので、まもなく届を出されると思います。

もしかすると、第2子誕生報告のように、役所の前などでSNSでの報告があるかもしれません。

良い報告を待ちたいと思います。

Sponsored Link

上地雄輔 第2子は嫁似で超かわいい噂は?

上地雄輔さんと近しい方の情報ですと、第2子は奥さんに似てとても可愛いということですが、まだ小さい手が写っていた写真が確認できただけで「顔」が映った写真はありませんでした。

上地雄輔さんは、2015年8月に一般女性と結婚、2017年1月には第1子が誕生していますが、奥さんの写真も第1子の写真もは一切公表していないようですね。

Sponsored Link

まとめ

今回は、タレントの上地雄輔さんの第2子が令和元年初日に誕生したという大変おめでたいニュースを受け、赤ちゃんの名前や性別、また奥さん似の噂は本当なのか、などについてお伝えしてきました。

まさに「レイ」づくしの第2子でしたね。名前や性別などはまだわかっていませんが、SNSで家族の写った写真を是非見てみたいと思いました。いつか実現してほしいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。