怪盗キッドの初登場はいつで何話?漫画とアニメを調査!ファンの感想も

青山剛昌先生原作の漫画『名探偵コナン』。その中でも最も女性に人気のキャラクターの一人である怪盗キッド

お宝の持ち主に予告状を出し、厳重な包囲網を華麗に突破しながら鮮やかな手口でお宝を盗み出します。

そんな彼の雄姿に(犯罪ではありますが)、魅了されてしまっている人も多いのではないでしょうか。

今回は、その怪盗キッドの初登場はいつで、漫画・アニメでそれぞれ何話なのか調査してみました。またファンの感想もあわせてお楽しみ下さい。

Sponsored Link

怪盗キッドの漫画初登場は何巻で何話?

まずは、漫画での怪盗キッド初登場回について。

記念すべき怪盗キッドが『名探偵コナン』内で初登場したのは、原作の16巻File6~File9「コナンVS怪盗キッド」です。

漫画の表紙では、主人公である江戸川コナンくんがキッドの姿に扮していますね。

コナン16巻のあらすじ

毛利蘭の親友・鈴木園子の家の家宝でもある”ブラックスター”を狙う怪盗キッド。キッドの予告状の暗号を解いたコナンはキッドと初対決する。しかし、コナンはキッドを捕まえられず、キッドは忽然と姿を消してしまう。

鈴木財閥60周年記念パーティーを豪華客船で開催した鈴木家。キッドからの新たな予告状が届いたため、園子の母・朋子はブラックスターの模造品を大量に用意してキッドを迎え撃とうとする。

Sponsored Link

怪盗キッドのアニメ初登場は何話?

続いては、アニメでの初登場回です。

アニメでは、76話「コナンvs怪盗キッド」。1時間スペシャルとして放送されました。(1997年9月22日)

内容は漫画をもとに構成されていますので、だいたい同じです。

ここで初めて動くキッドにお目にかかれることになったのです。

三日月を背にして、屋上にふわりと降り立つキッド。怪盗というには似つかわしくない、真っ白い衣装に身を包んでいる。白いマントをはためかせながら悠然とほほえむキッドと対峙するコナンに、次はどうなるのだろうと緊張感が高まります。

Sponsored Link

怪盗キッド初登場回のファンの反応や感想は?

ではここで、待ちに待ったであろう怪盗キッドが初登場した時のファンの反応や感想を見てみましょう。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、名探偵コナンのキャラクターのなかでも特に女性人気の高い怪盗キッドが、アニメと漫画でそれぞれいつ初登場したのか調べてご紹介しました。

調べたところ、漫画は16巻、アニメは76話で初登場していました。

キッドの初登場回では、名言が数多く飛び出しているので、それでやられてしまったという女性も多いようですね。人気が高いのも、うなずけます。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。