小出義雄監督の死去に有森裕子のコメントは?恩師に何を語ったのか【訃報】

元五輪マラソンメダリストの有森裕子さんらを育てた小出義雄元監督が4月24日にこの世を去ったという悲しいニュースが飛び込んできました。小出氏は、2019年3月末に指導者を勇退したばかりです。享年80歳でした。

有森裕子さんは恩師に対してどうコメントしているのでしょうか。

Sponsored Link

小出義雄元監督が死去【勇退直後の訃報】

元五輪女子マラソンメダリスト・有森裕子さんらを育てた佐倉アスリート倶楽部(AC)の小出義雄氏が4月24日に死去していたいことがわかりました。

小出氏は、つい先日指導者を勇退したばかりです。

勇退の理由として、15年間育成に携わった実業団・ユニバーサルエンターテインメント(UE)との契約が満了を迎えたことに加えて、ここ数年は体調が優れず入退院を繰り返していたことが噂されていました。

その中での急な悲しい訃報です。ご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Link

小出義雄氏の死去に有森裕子はどうコメントした?

小出義雄氏の訃報に際し、有森裕子さんはどのようにコメントしているのでしょうか。

東京都内での取材に対し、小出元監督との思い出を語りました。

「思い出は数え切れない。正直、唐突なという形ではなく、何回か倒れたり、入院したりという話は聞いていました。ああいう体調で監督らしく、よく頑張ったなと思う」

「ボルダーで倒れたとか、タバコをやめたとか、お酒をやめてるとか聞いていました。でも会うときは元気なんですよね」

「ご存じの通り、本当に気を遣う人だったので、あまり会いには行かなかった」