小池都知事のポケット手入れ騒動の画像に批判殺到!反応がすごい

東京都の小池百合子都知事が3月3日に開催された東京マラソン表彰式の際に、ポケットに手を入れていた場面が目撃され、インターネット上で多くの批判の声が上がっています。

3日の都内は、最高気温が8度しかなく、しかも雨が降る中での肌寒い気候でした。

そんな中、小池都知事は2時間4分48秒で優勝したエチオピアのビルハヌ・レゲセ選手が表彰される横で、両手を上着のポケットに入れたまま立っていたのです。

さらに、レゲセ選手は雨の中、傘もない状態で立っていたにもかかわらず、小池知事は着物姿の女性に背後から傘をさしてもらい、自分は全く濡れない状況でした。

ばっちりと日本テレビの生中継にも映っていたので弁解しようもありませんね。

その様子がこちらです。

寒い中とはいえ、まあ、ちょっと態度は悪そうに見えますよね。

これを見た視聴者から批判が殺到しました。一部ご紹介します。

あまりの数に紹介しきれませんが、批判する意見ばかりでしたね。

中には都知事に向かないという厳しい声も。

これに対してどうコメントしてくるのか、また注目されますね。

最新情報が入りましたら随時お知らせ致します。