マイケルジャクソン告発の2人の映像は?疑惑に兄もたまらずコメント

故・マイケルジャクソンさんを告発した男性2人がアメリカ朝の情報番組「This Morning」に出演し物議を醸しています。

その番組では、告発者が子供の頃、ネバーランド牧場でマイケルジャクソンさんに性的虐待を受けたとし、その体験を赤裸々に明かしました。

告発者の一人である、振付師のウェイド・ロブソンはこのように話しています。

「マイケルはズボンの上から僕の脚や股間に触れ、オーラルセックスをした」

※ウェイド・ロブソン告発の様子

さらに、その行為の数日前から、体に触れたり、抱擁したり、額にキスをしたりと、マイケルジャクソンさんに直接触れられていたとも明かしました。

しかし、ウェイド・ロブソンはこう続けます。

「マイケルの行為は、決して暴力的なものではなかった。すべての性的行為は、愛情と親密な関係が背景になっていたので、警戒心は抱かなかった。お互いを愛し、ハッピーにしようとしていた」

この告発が相当物議を醸しているのですが、そんな中ある人物がたまらずコメントをしています。

その人物とは、マイケルジャクソンさんの兄、ジャクソンファミリーの三男ジャーメインジャクソンさんです。

SNSなどを通じてでなく、実際にテレビ番組(イギリスの情報番組「Good Morning Britain」)に出演してその思いを語っています。

実際の番組の様子がこちら。

この番組の中でジャーメインジャクソンさんは大切な亡き弟を守り、安心して休むことができるように強く嘆願しています。