山口県沖航空自衛隊の戦闘機がレーダーから消えた?現在の場所はどこ?安否情報 F2戦闘機

2月20日午前9時20分頃、航空自衛隊のF2戦闘機1機が訓練中に山口県沖の日本海を飛行中、レーダーから消え、連絡がとれない状況とのことです。

現在機体はどこに行ってしまったのか、搭乗員の安否情報はどうなっているのか、最新情報をまとめてお伝えします。

※2月20日11:30更新

Sponsored Link

航空自衛隊のF2戦闘機が訓練中にレーダーから消えた【詳細】

2019年2月20日午前9時18分、山口県沖の日本海を飛行中の航空自衛隊のF2戦闘機1機がレーダーから消え、連絡が全くとれないというニュースが入りました。

戦闘機がレーダーから消えた位置は、築城基地から北東に約130kmの海上とのことです。

【山口県沖】

なお、搭乗員は2名の模様です。

現在防衛省が詳しい状況を調べているとのことです

発表があり次第詳細情報をお伝え致します。

Sponsored Link

現在F2戦闘機の場所はどこ?搭乗員の安否状況は?

レーダーから消息を絶ったF2戦闘機の場所や搭乗員の安否状況は防衛相にて現在調査中とのことです。

情報が入り次第すぐにお知らせします。

※2月20日 11:05最新情報

戦闘機と搭乗員の2名が発見。2名ともに意識はあるとのことです。

SNSなどネット上ではまずは意識が確認されたことに安堵する声が相次いで上がっています。

空自衛隊F2戦闘機、レーダーから機影消える / 山口県沖~ たった今、乗員2名無事に救助されましたよ~ぉ(*^▽^)ノ♪ 無事で良かった

良かった!!!!! ほんとに命がけの仕事ですね。 彼等は優秀だから、搭乗する戦闘機も相応しいものにしてあげないと。 山口県沖だからまた韓国が何かしたのかと勘ぐってしまった

日本海側ということでよからぬ噂も流れていたようですね。

この事故を受けて、岩屋毅防衛相は同日の衆院予算委員会でこうコメントしています。

「地元の皆さまに不安を与え申し訳ない。原因究明した上で再発防止に努める

幸いにも搭乗員は救助されましたが大事故には変わりありません。原因はなんだったのか、発表を待ちましょう。

Sponsored Link

まとめ

2月20日午前にレーダーから消えた航空自衛隊のF2戦闘機1機は現在捜索中です。

搭乗員の安否情報も入り次第お伝えしたいと思います。

追記:搭乗員2名の安否は確認されました。2名とも意識はあるとのことです。

※2月20日11:30更新