【進撃の巨人】118話ネタバレ&考察「騙し討ち」エレンの本心は?

2019年6月8日発売の別冊少年マガジンに掲載の人気連載漫画「進撃の巨人」118話『騙し討ち』について、こちらの記事ではそのネタバレと考察について紹介していきます。

前回117話では、ライナーがエレンのうなじを狙ったそのときに、エレンの咆哮とともに獣の巨人ジークが姿を現しました。一体どんな展開になるのか。

早速いってみましょう。

※118話のネタバレを読みたくない方は、ここで戻ってください

Sponsored Link

進撃の巨人前回117話のあらすじ

パラディ島へ奇襲をかけるマーレ。

激しい戦闘を繰り広げるエレンとライナー。戦槌の硬質化武器を使い、鎧と顎の巨人を刺すエレンだが、ピーク達を含むマーレ兵の援護によって追い込まれていきます。

ライナーがエレンのうなじを狙ったそのとき、エレンの咆哮とともに獣の巨人ジークが姿を現す。

Sponsored Link

進撃の巨人118話「騙し討ち」ネタバレ

姿を現したジークは、石のような物を投げてエレンに加勢する。その攻撃は、多くの飛行船に甚大な被害を与える。

それを見たイェレナは、大きく両手を広げてまるで恍惚の表情を浮かべている。

車力の巨人ピークはマガト元帥とともにジークのうなじを打ち抜こうと狙いを定める。しかし、ジークの攻撃によって攻撃を中断せざるを得なかった。

ジークとの撃ち合いはいい判断ではないとマガト元帥に主張する車力の巨人。マガトはジークは俺が裁くという。

側壁から車力の巨人に攻撃をするフロック達に対し、壁の上の方に逃げる車力の巨人。

裏切り者のオニャンコポン

エレンを援護してくれと皆に頼むオニャンコポン。

裏切り者のオニャンコポンに怒りが抑えきれないコニーが胸倉を締め上げる。アルミンが引き止める。話しをきくべきだとコニーに言う。

コニーは、安楽死計画を知らなかったと言うオニャンコポンに怒りを向けるが、ニコロはオニャンコポンの話は本当だと言う。

オニャンコポンは、必死に釈明する。俺たちはパラディ島を発展させ、マーレを倒してほしかった、そのために全てを捨ててこの島の皆に尽くしてきた、それは、この島に未来があるからだ、安楽死計画が実現すればやってきたことは無駄となる、子供は未来に必要だと言う。

アルミンは、オニャンコポンに言う。

以前君はこう言った。

ユミルの民や人々は求められたがゆえに存在すると。

色んなやつがいた方が面白いからだと。君はジークの思想に反した姿勢だった、

君はそういう人だと。

エレンの思惑

アルミンがミカサにどうしたいか尋ねる。

ミカサはエレンを助けたいと言う。

しかし、この気持ちはアッカーマンの意志であり、自分の意志ではないのではないかとミカサは思う。

アルミンは、それはエレンが作った嘘だと主張。ミカサは頭時々頭痛を起こすのは本当なのに、なぜ嘘だと思うのかをアルミンに問う。

全てが終わった後に理由を聞けばいいと言う。

アルミンは皆に、エレンが安楽死計画を、本当に望んでいるわけではないと主張。

アルミンは、エレンがジークに逆らわない理由を話す。それは最終的に始祖の力を使うのはエレンだから逆らう必要がないと言う。

皆は、エレンを助ける事を決意する。

牢から外にでたジャン達は、エレンを助けるためにすべての牢を開けろと要求し皆牢から出る。そしてエレンの援護に向かった。

車力の巨人ピークの作戦

マーレ兵の銃弾でエレンのもとへ近づけないジャン達。

エレンに顎の巨人が攻撃しようとするが、ジークの投石で止められる。

ジークは、車力の巨人がやられた様子を確認。兵士たちは車力を仕留めたと喜んでいる。

ようやく追いついたフロックが誰が仕留めたのかと兵士に問う。兵士はおまえらが仕留めたんだろと言う。そのとき壁上にいたマーレ兵に兵士は頭を撃たれた。

その裏では、車力の巨人の対巨人砲武装がジークを狙う。一回だけの騙し討ちだと言う車力の巨人。そしてマガトが獣の巨人の肩を打ち抜く。ジークは壁上から地上へ落下。

殺したか確認できないマガトたちは急いで移動する。

ここまでが進撃の巨人118話のネタバレです。

続いて、118話の考察と次回119話の展開予想をしてみたいと思います。

進撃の巨人118話考察と次回119話予想

アルミンは、ジークのとエレンの接触を援護しようと言う。それを聞いたイェレナは、憎しみ、怒り、それにすら当てはまらない怖い表情をアルミンに向ける。

驚くアルミンに対し、イェレナは涙を流しながらエレン達を助けてくれと頼む。

イェレナのこの表情の意味は、何なのか。嘘ならば許さないという感情とともに本当にエレンとジークを心の底から助けて安楽死計画を成功させたい揺るがない意志を感じます。

また、ジークを本当に神と崇めていることが改めて感じます。もしアルミンの嘘に気づいたときは、イェレナはエレンの仲間を殺すか、もっととんでもないことをするかもしれないと感じます。

今後リヴァイは、戦闘に参加は難しいと感じています。ハンジも逃げることで精一杯で参加は難しいと感じています。

ジークが撃たれたことに関しては、マガトの持つ武器の強さに驚きました。

次回ジークが叫び、ジークの脊髄液を飲んだ人々が巨人となり戦うのか、どちらにしても今はマーレ側が勝つことは考えにくいです。

一方ファルコとガビ。告白されたガビは一旦スルーするが、生き残ったら付き合うのではないでしょうか。

一番の見どころは、アルミンが巨人化するか、ジークが叫ぶのかの二つだと思います。

Sponsored Link

進撃の巨人ネタバレと考察 まとめ

今回は、ジークが深い傷を負ったことが衝撃でした。マガトの持つ武器は、まだ使えるようでしたので恐ろしいですね。しかし、ジークが叫び多くの巨人が戦うとなるとマーレ側の勝利は不可能のなると思います。

次回ジークは叫ぶのか、イェレナの表情の意味はなんなのか、アルミンは巨人化して闘うのか。今後も目が離せません。

次回もお楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございました!