冨田リカの子供は?萩原健一遺産はどれくらいで相続問題は起こる?

「太陽にほえろ!」や「傷だらけの天使」など、多くの名作に出演し活躍したショーケンこと俳優の萩原健一さんが68歳でこの世を去りました。死因はGIST(消化管間質腫瘍)とのことです。ご冥福をお祈りいたします。

さて、萩原さんは2011年にモデルの冨田リカ(本名・理加)さんと再婚されていますが、萩原健一さんと冨田リカさんとの間に子供はいるのでしょうか。萩原さんほどの俳優であれば遺産がどれくらいで相続問題は起こるのか、気になるところではあります。

萩原健一死去 冨田リカとの間に子供はいる?

3月26日、ショーケンこと萩原健一さんが逝去しました。68歳でした。

死因はGIST(消化管間質腫瘍)という病気で都内の病院で亡くなられたそうです。

所属事務所によりますと、萩原さんは2011年から闘病していましたが、本人の強い希望で病名の公表を控えていました。最近になり容体が急変し、モデルの冨田リカ夫人に看取られて息を引きとったということです。

さて、萩原健一さんと冨田リカさんとの間に子供はいるのでしょうか。

ふたりは2011年に再婚されています。当時すでに47歳だった冨田さんは、年齢的にも子供を産むのは難しいようで、現在ふたりの間には子供はいません。

ただし、冨田リカさんは萩原さんと再婚する前、二度離婚しており、前の夫との間には子供がいるようです。

親権は前夫にあります。離婚理由が冨田リカさんの不倫だったからでしょうね。

萩原健一の遺産額はどれくらい?相続問題は勃発するのか

俳優・萩原健一さんが逝去しましたが、大物芸能人が亡くなると気になってくるのはその遺産額、そして相続問題ではないでしょうか。

最近では平尾昌晃さんの例がありますよね。

さて、萩原さんにも相続問題が起こりえるのか探ってみたいと思います。

萩原健一さんの場合、現在の妻・冨田リカさんとの間に子供はいません。ですので、ふたり

の間だけで考えれば相続問題は起こらないと言えます。

しかし、萩原さんは「再婚」しており、前妻との間に子供がいた場合は相続権が発生すると思われます。

※続き執筆中