土田晃之のお小遣いはいくら?現在の年収から推測した結果がヤバい!

芸能人のお小遣いって一体いくらぐらいなのか、皆さん気になりますよね。

一般のサラリーマンから比べるとさぞかしたくさんもらっているんだと思いますが、それがいくらぐらいなのか、詳しく知ることはなかなかできません。

2019年1月15日放送の「この差って何ですか?」に出演した人気お笑い芸人の土田晃之さんが、「ATM行ったことないです。人生で1回もお金を下ろしたことがない」と発言しました。

なぜなら、奥さんからの毎月お小遣いをもらってそれでやりくりしているのでATMに行く必要がないとのこと。う~ん、たしかにそれはわかりますが、そうなると一体いくらお小遣いをももらっているのか気になるところです。

ということで、今回は、人気お笑い芸人の土田晃之さんお小遣いをいくらぐらいもらっているのか、調べた結果をお伝えしたいと思います。

それではいってみましょう~

Sponsored Link

土田晃之さんの現在の年収は?

画像出典:太田プロhttps://www.ohtapro.co.jp/talent/tsuchidateruyuki.html

バラエティ番組で引っ張りだこの人気お笑い芸人の土田晃之さんのお小遣いがいくらぐらいなのか推測しようとすると、必要なのが稼いでいる年収がいくらなのか、です。まずはそこから探っていきましょう。

2019年現在もたくさんのレギュラー・準レギュラー番組を抱え、さらにスポットでも多くの番組に出演されています。

さらには、雑誌の連載があったりDVDも販売したりと活動は多岐に渡ります。

レギュラー・準レギュラーだけでも確認したところ以下の出演があります。

【テレビ:レギュラー】

フジテレビ『バイキング』金曜11:55~13:45

TBS『ジョブチューン アノ職場のヒミツぶっちゃけます!』土曜19:56~20:54

TBS『この差って何ですか?』火曜19:00~19:56

テレビ東京『にちようチャップリン』日曜22:00~22:48

テレビ東京『襷って、書けない?』日曜24:35~25:05

【テレビ:準レギュラー】

フジテレビ『さんまのお笑い向上委員会』土曜23:10~23:40

読売テレビ『秘密のケンミンSHOW』木曜21:00~21:54

【ラジオ:レギュラー】

ニッポン放送『日曜のへそ』日曜12:00~14:00

【テレビ:スポット】(おもな番組)

日本テレビ『1番ソングSHOW』『踊る!さんま御殿!』『クラブワールドカップ』

読売テレビ『ダウンタウンDX』

TBS『世界ふしぎ発見』

フジテレビ『この指と~まれ!2019元旦スペシャル』

テレビ朝日『アメトーーク!』『池上彰の学べるニュース』

さて、これらのテレビ・ラジオ出演のギャラだけでも相当な金額になりますよね。

一般的なタレントさんの場合、ゴールデン番組出演で1回あたり10~20万円くらいと言われています。土田晃之さんクラスになると、コメントも知的で多彩、かつしっかりと笑わせてくれるので相場も高めと推測します。

そうなると、ゴールデン番組では少なくとも1回の出演で20万円はもらっているのではないかと思います。深夜枠だとそもそも相場は低くなるので10万円といったところでしょうか。ちなみにラジオ番組は人気タレントさんでも10万円前後のようです。

ということでまとめると、

1.ゴールデン番組のレギュラー3本×20万円×50回(1年分)= 3,000万円

2.深夜番組のレギュラー2本×10万円×50回 = 1,000万円

3.テレビの準レギュラー2本×15万円×20回 = 600万円

4.テレビのスポット出演 15万円×20回 = 300万円

5.ラジオ番組のレギュラー1本×10万円×50回 = 500万円

(テレビの準レギュラーは年間20回、1回あたりのギャラ15万円と計算しています。テレビのスポット出演も数や時間帯がまちまちですので年間20回、1回あたりのギャラ15万円と計算しています)

テレビ・ラジオのギャラだけで合計5,400万円となりましたが、あれだけ頻繁にテレビで見かけることを考えると妥当なところかなと思います。

さらに、雑誌やイベントなどの出演もあわせると、ざっとですが年収6,000万円はくだらないのではないでしょうか。

調べてみると、2015年頃には3000万円と言われていたそうですからかなりアップしている様子ですね!

Sponsored Link

土田晃之さんのお小遣いはいくら?

さて、年収が6,000万円と推測されたところで、今度はお小遣いがいくらぐらいなのか探ってみたいと思います。

参考に、一般的なサラリーマンのお小遣いはどれくらいなのかというと、2017年に新生銀行が行った「サラリーマンのお小遣い調査」によると、月額平均のお小遣いは37,428円だそうです。

2017年OECD(経済協力開発機構)の調査によると日本の平均年収は458万円(1ドル=112円13銭で算出)ということを考えると、年収の約10%ほどがお小遣いとしてもらえているということになります。

土田晃之さんの場合で置き換えてみると、

年収6,000万円 × 10%=600万円が年間のお小遣いということに!

月にすると、なんと50万円もお小遣いをもらっていることになります・・・

と、まあこれは一般のサラリーマンの平均から考えた割合なのでちょっと現実的ではない気もします。

さらに、土田晃之さんはお子さんが4人の大の家族思いなお父さんとしても知られていて、一番上のお子さんは18歳とこれから大学費用もかかったり大変な時期ですからお小遣いもそれなりに抑えられているでしょう。

私の推測では平均の半分、つまり月25万円くらいが妥当な線ではないかと思います。

土田晃之さんには、面倒を見る後輩芸人も多いでしょうし、白物家電やガンダム、サッカーなど多趣味ですからお金もかかり、そんなこんなで使い切ってしまう金額ではないでしょうか。

25万円でも十分羨ましいですけどね!

Sponsored Link

まとめ

今回は、人気お笑い芸人の土田晃之さんのお小遣いが一体いくらなのか?現在の年収から推測される金額をご紹介しました。数多くのテレビ番組に出演される土田晃之さんなのできっと年収は多く、おそらくお小遣いもたくさんもらってよいのだと思いますが、家族思いの土田さんは自分には最低限の金額で大丈夫とおさえているのかもしれません。

それにしても、ATMに行かなくても全く困らない生活には少し憧れますね(笑)

もし、さらに詳しい情報が入れば随時更新していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする